公益社団法人とは?

新しい制度では、社団法人を「一般社団法人」と公益事業を行うことを目的とする社団法人である「公益社団法人」に分けられる事になりましたが、公益社団法人は一般社団法人の中で、都道府県知事や内閣総理大臣の公益認定を受けた法人のことを言います。

つまり、新しく公益社団法人を設立したいと思っても、いきなり公益社団法人を設立できるわけではなく、まず一般社団法人を設立して、その後公益認定を受けて、公益社団法人となるというプロセスを経る必要があります。

※既存の公益法人に関しては、平成25年11月30日までに「公益社団法人」になる為の以降認定申請を行うか、又は公益性の認定を受けない「一般社団法人」への移行認可申請を行なう事ができます。

一般社団法人設立後、公益認定を受け、公益社団法人になると、公益事業を行う社団法人であると認められると共に、一般社団法人と比べて一定の税の優遇、社団法人に寄付をする場合の寄付する方に対する税金に関する優遇等を受けることができます。(ただし、行政庁の監督下に置かれます。)

一般社団法人と公益社団法人の比較表

一般社団法人と公益社団法人の基本的な違いは下記になります。

一般社団法人 公益社団法人
設立手続 登記のみ 登記+行政庁への公益認定申請
拠出財産 不要
(基金制度を設けることもできる)
不要
(基金制度を設けることもできる)
設立者 社員2名以上 社員2名以上
役員 理事1名以上 理事会を設置し、理事3名・監事1名以上
会計監査人 原則不要 基準を超えた場合1人以上必要
監督官庁 なし 都道府県庁又は内閣府
設立期間 2~3週間程度 2~3週間程度+認定相当期間
報告義務 なし 毎年度行政庁に提出
社会的信用 低い 高い
寄付金優遇 非営利型の場合、優遇あり あり

お問合せはお気軽に

このページの先頭へ